CORPORATE

RECRUIT

先輩社員の声

私たちがエンケイを支えています!
若手社員から学生の皆さんへのメッセージ

営業

和久田 暁彦
和久田 暁彦
Akihiko Wakuda
エンケイ(株)
OEM営業統括本部 OEM営業グループ
2006年入社
法学部 法学科卒

”交渉に勝つことよりも、
お客様の「信頼」を勝ち取ることにやりがいを感じます。”

Q1
入社から現在までの仕事の経歴を教えてください。
OEM向け4輪ホイールの製造現場作業(1年6ヶ月) → エンケイフロリダ出張(3ヶ月) →
OEM向け4輪アルミホイールの機種開発(1年) → エンケイインド 営業(1年10ヶ月) →
OEM営業統括本部 OEM営業グループ(現職)
Q1
現在の仕事について教えてください。
OEM営業グループにて営業業務を行っております。
具体的な仕事は
①新規製品の受注活動
②お客様毎のオーダー管理
③お客様毎の売上げ金額の確認及び請求
です。
新規受注活動では競合の情報を取りながら見積もりの作成をし、1円でも高く仕事を頂ける様にお客様と交渉していきます。オーダー管理はお客様から頂く内示、確定オーダーを社内の生産管理に落とし込み、製品納入に支障のないように管理をします。売上げ金額の管理は、月々に売り上げた金額がお客様から支払われているかを確認し、未払い金がある場合は回収の交渉を行います。
Q1
仕事でどんな時にやりがいや面白さを感じますか?
営業の面白さは、相手が生身の人間という事です。相手が人の場合は、何事にも駆け引きが生まれます。
自社の利益を追求しながらも、お客様の要望も満足する方法を考える必要があります。価格交渉では、自社は1円でも高く、お客様は1円でも安くが基本です。ただ自社の利益を貫き通し、お客様を無視してその時の交渉に勝ったとしても、結果としては負けです。両者のニーズを満足させて、お客様との絆を深めてこそ交渉に勝った事になります。相手が人である以上、その人と日頃から気軽に話が出来るようにならなければ、貴重な情報を頂けません。交渉に勝つ事よりも、お客様の信頼を勝ち取る方がやりがいを感じます。
Q1
仕事でどんな時につらい・くやしいと感じますか?
営業の仕事は頑張ったからといって必ずしも結果が付いてくるわけではありません。優れた製品を自社開発して、それを上手にプレゼンテーション出来たとしても、お客様のその時のニーズに合致しなければ仕事は頂けません。例えば、塩ラーメンの食べたいお客様に豚骨ラーメンを勧めてもお客様は断るでしょう。
お客様が塩を食べたいのか、豚骨を食べたいのかを事前に知っていなければ、営業活動もただの押し売りになってしまいます。お客様のニーズを知らなかったばかりに仕事を取り損ねた時は悔しいです。
Q1
今後携わりたい仕事や夢は何ですか?
入社時に希望していた仕事は現職です。今の目標はこれまで製造、開発に所属した際にお世話になった方々に1日でも早く仕事で恩返しをする事です。現在もそうですが、数多くの方に支えられながら仕事をしています。今はまだその方たちに頑張っている姿を見せるのが精一杯ですが、いつか肩を並べて話が出来るようになりたいです。その為にも、今は経験を積み続けるしかないと思います。
Q1
エンケイを選んだのはなぜですか?
製造業に強い関心があり、会社訪問を繰り返す中でアットホームな雰囲気のエンケイに惹かれました。
工場見学に行った際には、挨拶、工場の清潔感に衝撃を受け、鋳物を製造しているとはとても思えないほどきれいに工場が保たれている事に大変驚きました。また、海外拠点の多さと、若いうちから海外で経験を積む機会を与えて頂ける点にも惹かれました。
Q1
就職活動中の学生へのアドバイス
少しでも海外に興味がある方は海外旅行に行ってみるのが良いと思います。聞いた事があるのと、実際にその国に行った事があるのでは大きな差があります。その国に行き、その国の人と触れ合って始めてその国の事が理解出来ると思います。時間のあるうちに色々な国を知っておいて損はないです。日本企業の多くは海外進出をしており、製造業に限らず海外で働く人材が求められています。自分を高める為、友人とリフレッシュをしにいく為、卒業旅行と理由は何でもいいのですが一度海外に行ってみる事をお勧めします。
  • 前のページへ
  • 一覧へ戻る
  • 次のページへ
Copyright (c) ENKEI Corporation All right Reserved.
PAGE TOP